2017年3月12日日曜日

『スラッカー』3月11日~上映 早稲田松竹

独自の世界観を提示し続ける、リチャード・リンクレイター 監督(映画監督はどなたも独自だと思いますが)の初期重要作品、「スラッカー」がこの度、早稲田松竹さんにて最新作「エブリバディ・ウォンツ・サム!!」と併せて上映されます。

テキサス・オースティンの町を舞台に登場人物が次々と入れ替わる、奇妙な中毒性の高い作品。ぜひ、目撃してほしいです。


プリント、ボディから全て手作りのトートバッグとペンケースを劇場レジにてお取り扱い頂いております。今までで最高数の納品をしたのですが、実は昨日の公開日で大半が旅立ってくれたとのことです。残りが本当にわずかですので是非お早めに。

オフィシャルサイト http://www.slacker-jp.com/
劇場  早稲田松竹
配給 グッチーズフリースクール













『アメリカン・スリープオーバー』3月11日~渋谷UPLINK 上映

久しぶりすぎる更新です。


昨年1月に「IT FOLOWS」を観て、同じ監督のこの映画を上映したいと思ってすぐ上映企画した「アメリカン・スリープオーバー」。立誠シネマさんで上映を共催させて頂き、この映画に関わらせて頂くのも2年目となりました。

この度の上映に合わせて劇場レジにて映画からインスパイアされてお作りしたアクセサリーをお取り扱い頂きます。



3月11日より上映、販売スタートです。

劇場 渋谷アップリンク

配給 グッチーズフリースクール
http://gucchis-free-school.com/






2017年2月13日月曜日

Hello, spring.

The whole lineup of my latest collection ”nervous romance tour” arrivals on LYS final webstore .

Please check it out.








All photographs by Yuki Nishida.

2016年9月21日水曜日

nervous romance tour start

参加させて頂きます、下記イベントより2016年秋冬から2017年春までのコレクションをスタートさせて頂きます。私は23日からの参加となります。

お近くの方は是非お立ち寄り下さいませ。

NINE STORIES

2016-2017 COLLECTION "nervous romance tour"

 
 
日程 2016年9/15(木)~ 9/30(金)
「装飾乙女の手作り市」 at 京都マルイ 1階

京都マルイ1階にタピエスタイルが今年も登場!
にぎやかでかわいい手作り市のような空間を提案いたします。
話題の人気作家から気鋭の作家まで、約60名を集め
京都の街で身に着けたいモードなアイテムをご紹介します。

■ 日程:2016年9/15(木)~ 9/30(金)
■ 場所:京都マルイ1階期間限定ショップカレンダリウム
■ 地図:http://www.0101.co.jp/stores/guide/access/00088.html
________
 

2016年9月11日日曜日

読書会 ”That summer we remembered"

こんにちは。

今日は読書会のお知らせです。

アクセサリーを制作しつつも、読書が大好きな私ですが、この度素敵なご縁を頂き、お世話になっている書店さんで読書会をさせて頂くことになりました。

堅苦しいものではなく、皆さんとゆるりとおしゃべり出来たらと考えております。

是非、いらして下さいね。

以下、詳細です。

メインビジュアルデザイン:屋納佑司


【読書会】9/24(土)18:00~19:30  LOST GIRLS BOOKS  book club vol.1
 
「季節の変わり目に、人生の節目に思い出してしまう“あの”特別な夏。
なぜ夏は私たちを魅了し、文学に愛されてきたのか。
特に気になった、アメリカ文学における “that summer” について、秋の始まりの季節に、過ぎ去っていった特別な何かについて語り合いたいと思います。
夏に関係する、ご自身の好きな作品や個人的な夏の思い出を教えて下さい」


<取り扱い予定作品>
「ベル・ジャー」/ シルヴィア・プラス  1963
「結婚式のメンバー」/ カーソン・マッカラーズ 1946
「真夏の航海」/トルーマン・カポーティー 1940s
「世界のすべての七月」/ティム・オブライエン 2002
「氷の宮殿」/ スコット・フィッツジェラルド 1920
皆さんの夏の思い出と一冊を語り合いたいと思います。
また、”SAY IT LOUD”と題し本にまつわるバッドエピソードを告白しあって打ち解けたいと思います。
「誰にでもひとつはある、普段は言い出しにくい本にまつわるバッドなエピソードを告白し、打ち解けあいましょう。
「サリンジャー読んだ事が無い」「赤川次郎が手離せない」など、バッドであればあるほど面白いものです。思い切って打ち明けてしまいましょう。
垣根が高いように思われがちな事が多い本の世界がもっと気楽に、もっと身近な存在に変わっていったら、と考えています」

参加費500円(お茶・お菓子付き)
定員 若干名
ご予約は下記、blackbird booksさんの店頭、メール、お電話にて受け付けております。

〒561-0872 大阪府豊中市寺内2-12-1 緑地ハッピーハイツ1F
tel 06-7173-9286     平日11:00~20:00 土日祝10:00~19:00     月曜定休
info@blackbirdbooks.jp
http://blackbirdbooks.jp

メインビジュアルデザイン:屋納佑司



2016年8月17日水曜日

夏の日に

先日、暑い暑い午後のこと。

秋冬イメージの撮影をして参りました。

「参りました」って、撮影してくれたのはカメラマンさんなんですが。。

モデルさんも暑い中、長袖で頑張ってくれました。めちゃくちゃ暑かったと思われます。

本当にお世話になりました!

 
 
 

2016年6月16日木曜日

カモンサマー!未公開の青春映画特集!!

お知らせです。

これを読んで下さっている皆さんは、もうご存知の方も多いとは思いますが、京都の立誠シネマ 
さんで7月2日よりスタートする「カモンサマー!未公開の青春映画特集!!」をこの度、Esja さん(去年も共に「パロアルト・ストーリー」のパーティーを開催した私の映画関係の活動の際のパートナー的存在です。)と共に共催させて頂くことになりました。

そもそもの始まりは、ホラー映画は苦手な私が、信頼を寄せている作家さんや著名人の方々が推薦されていた、「ITFOLLOWS 」を観に行った事です。観終わった後、ホラー映画でありながらも甘酸っぱい青春映画であり、私の大好きな文学的エッセンスが散りばめられたこの不思議な作品にすっかり魅了されてしまいました。

同監督の作品、「アメリカン・スリープオーバー」の存在は知っていたのですが、日本ではDVDも発売されていませんでした。すぐEsjaさんになんとか観ることは出来ないか相談し、2人であれこれ模索したところ、東京で活動されているグッチーズフリースクール さんにご協力頂き、なんとか上映が可能となり、更に立誠シネマさんとこの度、未公開の青春映画特集として素敵な機会を頂くこととなりました。

上映される未公開映画は全4作品。更に期間中は先ほど登場した、「IT FOLLOWS」も毎日上映されております!更に、週末ごとには豪華なトークショーと私が担当させて頂いておりますマーケット、立誠サマーキャンプ   も開催いたします。(マーケットのみでも自由にご入場頂けます。)

詳細です。みなさま、是非いらして下さいね~。

特集上映カモンサマー!未公開夏の青春映画特集!!開催の4日間、立誠シネマにサマーキャンプをイメージした特設マーケット会場がオープンします!!!
映画の世界観をイメージしたオリジナルアクセサリーや雑貨のほか、焼き菓子等の販売、さらに、最高の夏を迎えるためのおすすめ本を集めた夏の課題図書的“カモンサマーな本”選書コーナーなどがずらり並びます。寝袋・レジャーシート持参OK!キャンプ気分かつ、ジャパニーズ・スリープオーバー気分もお楽しみください!
【出店店舗】
aggiiiiii (zine)/&wednesday(布小物)/joy! (アクセサリー)/NINE STORIES (アクセサリー)/SINGS&CAMP COFFEE(オリジナル雑貨、コーヒー豆)/LYS(ファッション雑貨)/Violet&Claire (雑貨)/チュンセとポウセ(お菓子)/おやつのニャンと(お菓子)/akromatik(ポイントネイル)/森本書店装飾画報(服飾、雑貨)/うめとまだらベーカリー(天然酵母パン)/ NOW HERE(アクセサリー)/ YUE-NI(アクセサリー)

更に私、NINE STORIES, aggiiiiiii , joy!, &wednesday のみなさまには、「IT FOLLOWS」と「アメリカン・スリープオーバー」に関する限定品を制作して頂いております。こちらは、サマーキャンプ会場以外にもシネマのレジでも販売させて頂きます。

ちなみに今、完成している「IT FOLLOWS」の登場人物のブレスレットです。




そしてこの度、4作品+「IT FOLLOWS」の中から3作品をご覧になられた方にNINE STORIES製のキャンプモチーフのバッジをプレゼントさせていただきます。


  以下、上映作品の詳細になります。



 
夏&青春&劇場未公開の珠玉の4作品!

最高の夏を迎えるためのスペシャルな4DAYS!
 
学校、教室、プール、友達、淡い恋。夏休み前のだれもがざわざわする季節。そんな最高の夏を存分に迎えていただくために、夏&青春&劇場未公開の珠玉の4作品を集めました!
 
公開後じわじわと人気を広げた新感覚のホラームービー『イット・フォローズ』が話題の若手注目株デヴィット・ロバート・ミッチェル初監督作品、劇場未公開の傑作青春映画『アメリカン・スリープオーバー』。
 
そして、大人の第一歩を歩み出すティーンたちの一夏を描いた『キングス・オブ・サマー』、ブラジルから届いた胸キュン確実の甘酸っぱい成長物語『彼の見つめる先に』、傷付きながらも成長していく少女2人の夏を映した『ビッチハグ』を関西初上映!!!
 
期間中には、うっかり見逃した人にも、再び“それ”に憑りつかれたい人にもうれしい『イット・フォローズ』の上映もあります!ホラーで涼んで、きらめく夏にときめいて、元・小学校の教室で最高最強にカモンサマーしてください! 特設マーケット会場 “立誠サマーキャンプ”も同時オープン予定。





『アメリカン・スリープオーバー』 7/2(土)13:00~

★上映後15:00~トークショー(60分程度予定)ゲスト:藤野可織(小説家)
デトロイト郊外、夏休み最後の週末。少年は一目惚れした女性を捜し、大学生は双子の姉妹のあいだで揺れ、少女は“楽しいなにか”を追い求める。初めてのキス、言葉では言い表せない恋、そしてパーティ。毎年恒例の「スリープオーバー」(お泊まり会)を舞台に若者たちの夏を輝かしく描いたデヴィッド・ロバート・ミッチェルのデビュー作。カンヌ国際映画祭批評家週間部門で初上映され、同部門へのエントリーは、アメリカ映画としては実に5年ぶりという快挙を記録した。
 
原題:THE MYTH OF THE AMERICAN SLEEPOVER
2010年/97分/シネマスコープ/カラー/日本語字幕:森彩子
脚本・監督:デヴィッド・ロバート・ミッチェル(『イット・フォローズ』)
出演:クレア・スロマ、マーロン・モートン、アマンダ・バウアー、ブレット・ジェイコブソン
2010年度カンヌ国際映画祭批評家週間ノミネート
2010年度サウス・バイ・サウスウエスト国際映画祭 審査員特別賞受賞
 

『彼の見つめる先に』 7/3(日)13:00~

★上映後15:00~トークショー(60分程度予定)ゲスト:井上陽介 (Subtle Control/Turntable Films)
盲目の少年と親友の少女、そして素敵な転校生の3人が織りなす青春。留学を夢見るレオナルド。幼なじみのジョバンナは、そんな目の見えない彼をいつも支えていた。ある日、クラスに転校生のガブリエルがやってきた。そのときから、3人には新しい感情が芽生え始める。2014年の第64回ベルリン国際映画祭パノラマ部門で上映されFIPRESCI(国際批評家連盟)賞とテディ賞(LGBTを扱った作品に授与される賞)の二冠に輝いたブラジル映画。胸キュン確実の甘酸っぱい成長の物語。
★関西初上映
原題:The Way He Looks
2014年/96分/ブラジル
監督:ダニエル・ヒベイロ
出演:ジュレルメ・ロボ、ファビオ・アウディ、テス・アモリン、ルシア・ホマノ、エウシー・デ・ソウザ
字幕協力:SKIPシティ国際Dシネマ映画祭




『キングス・オブ・サマー』 7/9(土)13:00~

★上映後15:00~トークショー(60分程度予定)ゲスト:山下賢二(ホホホ座)×加地猛(100000tアローントコ)
高校生のジョーと親友のパトリックは、ともに親への不満から家出を計画。二人は一風変わった少年ビアジオと一緒に、森に隠れ家を作って自立した生活を目指す。しかし、そこにジョーが想いを寄せるクラスメイトのケリーががやって来て……。大人への一歩を踏み出すティーンたちの夏休み傑作青春映画。主人公のジョーを演じるのは『ジュラシック・ワールド』にも出演している次世代スター、ニック・ロビンソン。監督はキングコングの新シリーズ『コング:スカル・アイランド(原題)』の監督に抜擢された新たな才能ジョーダン・フォークト・ロバーツの長編第一回監督作品。
★関西初上映
原題:The Kings of Summer
2013年/95分/シネマコープ/カラー/日本語字幕:森彩子
監督:ジョーダン・フォークト・ロバーツ
出演:ニック・ロビンソン、ガブリエル・バッソ、モイセス・アリアス、ニック・オファーマン、エリン・モリアーティ



『ビッチハグ』 7/10(日)13:00~

★上映後15:00~トークショー(60分程度予定)ゲスト:多屋澄礼(音楽ライター・翻訳家)
『シンプル・シモン』のアンドレアス・エーマン監督長編第2作目。小さな町を離れ、ニューヨークへ行くことを夢見る生意気で鼻持ちならないクリスティン。高校卒業と同時に旅立つ準備をしていたが、予定していた飛行機に乗り遅れてしまう…。ニューヨーク行きを自慢していたクリスティンは家に帰ることができず、偶然出会ったアンドレアの家に身を潜め、ニューヨークにいる振りをすることに。意気投合し、楽しい日々を過ごしていた2人だったが、アンドレが抱えていた心の傷が次第に2人をすれ違わせていき――。海辺の家を舞台に、少女たちが傷付きながらも成長していく姿を爽やかに描いたひと夏の物語。
★関西初上映
原題:Bitchkram 英題:Bitch Hug
2012年/スウェーデン/シネマスコープ/101分
監督:アンドレアス・エーマン(Andreas Öhman)
出演:Linda Molin/Fanny Ketter/Mathilda von Essen/Adam Lundgren