投稿

Cinematic Skóla 「ビヨンド・クルーレス」上映イベント

イメージ
今年初めての映画のイベントを開催します。 うっかりこちらでご紹介するのを忘れていて、もうあと1週間ぐらいです。 お越しいただけると嬉しいです。
上映するイベントは、昨年度から計画していた「ビヨンド・クルーレス」。

トークショーには、最強のお二人、山崎まどかさんと長谷川町蔵さんをお迎えします。 更に、アコースティックライブにはHomecomings さん。

今まで手がけた映画の企画の中で一番挑戦した内容となりました。 出演者の方々、会場の関西大学梅田キャンパスさま、関わってくださる全ての方々、いつも応援してくれる友達。皆さんに、心からの感謝を。

design by issei nomura

ティーン映画を分析したドキュメンタリー『ビヨンド・クルーレス』関西初上映をはじめ、Homecomingsによるミニライブ(アコースティック・セット)、長谷川町蔵氏、山崎まどか氏によるトークショーなど、映画上映+αで、映画のことをより学び、より楽しめるようになるイベントです。 
Program 1.『ビヨンドクルーレス』関西初上映(89分/BD上映) 2.Homecomingsによるミニ・ライブ(アコースティック・セット) 3.長谷川町蔵氏、山崎まどか氏によるゲスト・トークショー (イベント終了後にサイン会も開催予定!)
■上映作品『ビヨンドクルーレス』とは 『クルーレス』や『ミーン・ガールズ』など200本以上の作品を取り上げ、"ティーン映画"を分析したドキュメンタリー。映画批評家チャーリー・ラインが初監督を務め、『あの頃ペニーレインと』に出演したフェアルーザ・バークがナレーション、イギリスのポップデュオ「サマーキャンプ」が音楽を手がけている。
■About Guest 山崎まどか コラムニスト。著書に『オリーブ少女ライフ』、『「自分」整理術』他。翻訳書にレナ・ダナム『ありがちな女じゃな い』、B・J・ノヴァク『愛を返品した男』。
長谷川町蔵 文筆業。最新作は小説集『あたしたちの未来はきっと』。ほか著書に『21世紀アメリカの喜劇人』『聴くシネマ×観るロック』、共著に『ヤング・アダルトU.S.A.』『文化系のためのヒップホップ入門』など。

『スラッカー』3月11日~上映 早稲田松竹

イメージ
独自の世界観を提示し続ける、リチャード・リンクレイター 監督(映画監督はどなたも独自だと思いますが)の初期重要作品、「スラッカー」がこの度、早稲田松竹さんにて最新作「エブリバディ・ウォンツ・サム!!」と併せて上映されます。

テキサス・オースティンの町を舞台に登場人物が次々と入れ替わる、奇妙な中毒性の高い作品。ぜひ、目撃してほしいです。


プリント、ボディから全て手作りのトートバッグとペンケースを劇場レジにてお取り扱い頂いております。今までで最高数の納品をしたのですが、実は昨日の公開日で大半が旅立ってくれたとのことです。残りが本当にわずかですので是非お早めに。

オフィシャルサイト http://www.slacker-jp.com/
劇場  早稲田松竹
配給 グッチーズフリースクール













『アメリカン・スリープオーバー』3月11日~渋谷UPLINK 上映

イメージ
久しぶりすぎる更新です。


昨年1月に「IT FOLOWS」を観て、同じ監督のこの映画を上映したいと思ってすぐ上映企画した「アメリカン・スリープオーバー」。立誠シネマさんで上映を共催させて頂き、この映画に関わらせて頂くのも2年目となりました。

この度の上映に合わせて劇場レジにて映画からインスパイアされてお作りしたアクセサリーをお取り扱い頂きます。



3月11日より上映、販売スタートです。

劇場 渋谷アップリンク

配給 グッチーズフリースクール
http://gucchis-free-school.com/






Hello, spring.

イメージ
The whole lineup of my latest collection ”nervous romance tour” arrivals on LYS final webstore .

Please check it out.








All photographs by Yuki Nishida.

nervous romance tour start

イメージ
参加させて頂きます、下記イベントより2016年秋冬から2017年春までのコレクションをスタートさせて頂きます。私は23日からの参加となります。

お近くの方は是非お立ち寄り下さいませ。

NINE STORIES

2016-2017 COLLECTION "nervous romance tour"

日程 2016年9/15(木)~ 9/30(金)
「装飾乙女の手作り市」 at 京都マルイ 1階

京都マルイ1階にタピエスタイルが今年も登場!
にぎやかでかわいい手作り市のような空間を提案いたします。
話題の人気作家から気鋭の作家まで、約60名を集め
京都の街で身に着けたいモードなアイテムをご紹介します。

■ 日程:2016年9/15(木)~ 9/30(金)
■ 場所:京都マルイ1階期間限定ショップカレンダリウム
■ 地図:http://www.0101.co.jp/stores/guide/access/00088.html
________

読書会 ”That summer we remembered"

イメージ
こんにちは。

今日は読書会のお知らせです。

アクセサリーを制作しつつも、読書が大好きな私ですが、この度素敵なご縁を頂き、お世話になっている書店さんで読書会をさせて頂くことになりました。

堅苦しいものではなく、皆さんとゆるりとおしゃべり出来たらと考えております。

是非、いらして下さいね。

以下、詳細です。

メインビジュアルデザイン:屋納佑司


【読書会】9/24(土)18:00~19:30  LOST GIRLS BOOKS  book club vol.1
「季節の変わり目に、人生の節目に思い出してしまう“あの”特別な夏。
なぜ夏は私たちを魅了し、文学に愛されてきたのか。
特に気になった、アメリカ文学における “that summer” について、秋の始まりの季節に、過ぎ去っていった特別な何かについて語り合いたいと思います。
夏に関係する、ご自身の好きな作品や個人的な夏の思い出を教えて下さい」


<取り扱い予定作品>
「ベル・ジャー」/ シルヴィア・プラス  1963
「結婚式のメンバー」/ カーソン・マッカラーズ 1946
「真夏の航海」/トルーマン・カポーティー 1940s
「世界のすべての七月」/ティム・オブライエン 2002
「氷の宮殿」/ スコット・フィッツジェラルド 1920
皆さんの夏の思い出と一冊を語り合いたいと思います。
また、”SAY IT LOUD”と題し本にまつわるバッドエピソードを告白しあって打ち解けたいと思います。
「誰にでもひとつはある、普段は言い出しにくい本にまつわるバッドなエピソードを告白し、打ち解けあいましょう。
「サリンジャー読んだ事が無い」「赤川次郎が手離せない」など、バッドであればあるほど面白いものです。思い切って打ち明けてしまいましょう。
垣根が高いように思われがちな事が多い本の世界がもっと気楽に、もっと身近な存在に変わっていったら、と考えています」

参加費500円(お茶・お菓子付き)
定員 若干名
ご予約は下記、blackbird booksさんの店頭、メール、お電話にて受け付けております。

〒561-0872 大阪府豊中市寺内2-12-1 緑地ハッピーハイツ1F
tel 06-7173-9286     平日11:00~20:00 土日祝10:00~19:00     月曜定休
info@blackbirdbooks.jp
h…

夏の日に

イメージ
先日、暑い暑い午後のこと。

秋冬イメージの撮影をして参りました。

「参りました」って、撮影してくれたのはカメラマンさんなんですが。。

モデルさんも暑い中、長袖で頑張ってくれました。めちゃくちゃ暑かったと思われます。

本当にお世話になりました!