Cinematic Skóla 「ビヨンド・クルーレス」上映イベント





今年初めての映画のイベントを開催します。
うっかりこちらでご紹介するのを忘れていて、もうあと1週間ぐらいです。
お越しいただけると嬉しいです。

上映するイベントは、昨年度から計画していた「ビヨンド・クルーレス」。


トークショーには、最強のお二人、山崎まどかさんと長谷川町蔵さんをお迎えします。
更に、アコースティックライブにはHomecomings さん。


今まで手がけた映画の企画の中で一番挑戦した内容となりました。
出演者の方々、会場の関西大学梅田キャンパスさま、関わってくださる全ての方々、いつも応援してくれる友達。皆さんに、心からの感謝を。


design by issei nomura


ティーン映画を分析したドキュメンタリー『ビヨンド・クルーレス』関西初上映をはじめ、Homecomingsによるミニライブ(アコースティック・セット)、長谷川町蔵氏、山崎まどか氏によるトークショーなど、映画上映+αで、映画のことをより学び、より楽しめるようになるイベントです。 

Program
1.『ビヨンドクルーレス』関西初上映(89分/BD上映)
2.Homecomingsによるミニ・ライブ(アコースティック・セット)
3.長谷川町蔵氏、山崎まどか氏によるゲスト・トークショー
(イベント終了後にサイン会も開催予定!)

■上映作品『ビヨンドクルーレス』とは
『クルーレス』や『ミーン・ガールズ』など200本以上の作品を取り上げ、"ティーン映画"を分析したドキュメンタリー。映画批評家チャーリー・ラインが初監督を務め、『あの頃ペニーレインと』に出演したフェアルーザ・バークがナレーション、イギリスのポップデュオ「サマーキャンプ」が音楽を手がけている。

■About Guest
山崎まどか
コラムニスト。著書に『オリーブ少女ライフ』、『「自分」整理術』他。翻訳書にレナ・ダナム『ありがちな女じゃな い』、B・J・ノヴァク『愛を返品した男』。

長谷川町蔵
文筆業。最新作は小説集『あたしたちの未来はきっと』。ほか著書に『21世紀アメリカの喜劇人』『聴くシネマ×観るロック』、共著に『ヤング・アダルトU.S.A.』『文化系のためのヒップホップ入門』など。

Homecomings
京都発4ピースバンド。「FUJI ROCK FESTIVAL」等への出演や、The Pains of Being Pure at Heart / Mac DeMarco といった海外アーティストとの共演、自主企画イベントの開催など結成から飛躍的に活動を展開中。

■参加方法
①本ページ下部のリンクから予約お申込みフォームへ進んでいただき、お申し込みを完了させてください。
②参加料は当日にお支払いただきます。当日キャンパス7Fにお越しいただき、チケットをご購入ください。
③会場の8Fまでお上がりいただき、チケットを係員にご提示、ご入場ください。

※ご注意事項
事前予約お申込み締切は4月12日までとさせていただきます。ただし定員に達し次第、受付を終了させて頂きます。

開場時間は13:00、開演時間は14:00の予定です。
---------------------------------------------------------------------
会期期間:2017年04月16日(日)
時間:14:00スタート(開場13:00予定)
定員:150
料金:事前予約:2,500円(事前予約無しでの当日申込:3,000円)
場所:キャンパス8F KANDAI MeRISEホール
主催:関西大学梅田キャンパス
共催・協力:TSUTAYA BOOKSTORE梅田MeRISE、Esja、NINE STORIES
問い合わせ先:関西大学梅田キャンパスオフィス (06-4256-2410)
---------------------------------------------------------------------

予約はこちら→
http://www.kansai-u.ac.jp/umeda/event-seminar/open-lecture/cinematic-skola0416.html

コメント

このブログの人気の投稿

カモンサマー!未公開の青春映画特集!!

夏の日に

calli