投稿

2017の投稿を表示しています

Cinematic Skóla 「ビヨンド・クルーレス」上映イベント

イメージ
今年初めての映画のイベントを開催します。 うっかりこちらでご紹介するのを忘れていて、もうあと1週間ぐらいです。 お越しいただけると嬉しいです。
上映するイベントは、昨年度から計画していた「ビヨンド・クルーレス」。

トークショーには、最強のお二人、山崎まどかさんと長谷川町蔵さんをお迎えします。 更に、アコースティックライブにはHomecomings さん。

今まで手がけた映画の企画の中で一番挑戦した内容となりました。 出演者の方々、会場の関西大学梅田キャンパスさま、関わってくださる全ての方々、いつも応援してくれる友達。皆さんに、心からの感謝を。

design by issei nomura

ティーン映画を分析したドキュメンタリー『ビヨンド・クルーレス』関西初上映をはじめ、Homecomingsによるミニライブ(アコースティック・セット)、長谷川町蔵氏、山崎まどか氏によるトークショーなど、映画上映+αで、映画のことをより学び、より楽しめるようになるイベントです。 
Program 1.『ビヨンドクルーレス』関西初上映(89分/BD上映) 2.Homecomingsによるミニ・ライブ(アコースティック・セット) 3.長谷川町蔵氏、山崎まどか氏によるゲスト・トークショー (イベント終了後にサイン会も開催予定!)
■上映作品『ビヨンドクルーレス』とは 『クルーレス』や『ミーン・ガールズ』など200本以上の作品を取り上げ、"ティーン映画"を分析したドキュメンタリー。映画批評家チャーリー・ラインが初監督を務め、『あの頃ペニーレインと』に出演したフェアルーザ・バークがナレーション、イギリスのポップデュオ「サマーキャンプ」が音楽を手がけている。
■About Guest 山崎まどか コラムニスト。著書に『オリーブ少女ライフ』、『「自分」整理術』他。翻訳書にレナ・ダナム『ありがちな女じゃな い』、B・J・ノヴァク『愛を返品した男』。
長谷川町蔵 文筆業。最新作は小説集『あたしたちの未来はきっと』。ほか著書に『21世紀アメリカの喜劇人』『聴くシネマ×観るロック』、共著に『ヤング・アダルトU.S.A.』『文化系のためのヒップホップ入門』など。

『スラッカー』3月11日~上映 早稲田松竹

イメージ
独自の世界観を提示し続ける、リチャード・リンクレイター 監督(映画監督はどなたも独自だと思いますが)の初期重要作品、「スラッカー」がこの度、早稲田松竹さんにて最新作「エブリバディ・ウォンツ・サム!!」と併せて上映されます。

テキサス・オースティンの町を舞台に登場人物が次々と入れ替わる、奇妙な中毒性の高い作品。ぜひ、目撃してほしいです。


プリント、ボディから全て手作りのトートバッグとペンケースを劇場レジにてお取り扱い頂いております。今までで最高数の納品をしたのですが、実は昨日の公開日で大半が旅立ってくれたとのことです。残りが本当にわずかですので是非お早めに。

オフィシャルサイト http://www.slacker-jp.com/
劇場  早稲田松竹
配給 グッチーズフリースクール













『アメリカン・スリープオーバー』3月11日~渋谷UPLINK 上映

イメージ
久しぶりすぎる更新です。


昨年1月に「IT FOLOWS」を観て、同じ監督のこの映画を上映したいと思ってすぐ上映企画した「アメリカン・スリープオーバー」。立誠シネマさんで上映を共催させて頂き、この映画に関わらせて頂くのも2年目となりました。

この度の上映に合わせて劇場レジにて映画からインスパイアされてお作りしたアクセサリーをお取り扱い頂きます。



3月11日より上映、販売スタートです。

劇場 渋谷アップリンク

配給 グッチーズフリースクール
http://gucchis-free-school.com/






Hello, spring.

イメージ
The whole lineup of my latest collection ”nervous romance tour” arrivals on LYS final webstore .

Please check it out.








All photographs by Yuki Nishida.